みんな知ろうよ都構想、大阪・東京共々で

首都圏交通事情(と言っても主に多摩地区)

 こんにちは。開設から数日、一応3つのテーマに沿った記事をひととおり書きましたので、テーマの一つである「多摩地区」についての説明をして置きます。このエリアには現在2種類の定義が存在しています。本来は東京都のうち特別23区と伊豆諸島および小笠原諸島を除いた地域を差しますが、一般的には(特別)23区より西側全ての地が多摩地区である、という認識で良いと思います。大阪府と比較すると、大阪市の外側の市町村に当たるわけです。そして東京都が今の大阪や京都の様な府制であった時代から、結構な長きに渡って北多摩・南多摩・西多摩の三多摩とも呼ばれていました。が、1970年(昭和45年)、北多摩郡と南多摩郡の町村がすべて一気に市制となり、西多摩郡だけが残ったので、現在では三多摩という呼び方は殆ど死語化しつつあります。他にも特別23区との位置関係から「西東京」というなる言い方も結構使われますが、2001年(平成13年)に合併で西東京市が誕生、やや紛らわしくなりました。「東京都下」も使われますが、 23区に対する差別的なニュアンスが生じかねないとの配慮からか、マスコミや自治体等、公での場では極力用いないようです。

 もう一つの地域範囲、それは川崎市や相模原市・横浜市・大和市等神奈川県の一部も多摩地区と見做す、とするもの。比較的23区に近い調布市や狛江市の住民にとって、多摩川対岸の川崎市西部は神奈川県横浜市よりも多摩地区の雰囲気に近い、と、実際そう感覚的に思っているフシがあるんですが、旧通産省もこの範囲を「広域多摩地域」としています。ブログ主も、この「広域」を多摩地区とする見解をとるものです。万一、大阪都構想が実現した場合、大阪市以外の市町村は東京の多摩地区と同じような位置付け・扱いとなるわけです。だから都構想による影響とは大阪市だけの事に留まらない、大阪府全部の問題という事です。今後、大阪都構想について考えていこうと予定しています。このブログを関西方面の方が見てるとは勿論思ってませんけど😀、決定・採択に際して必要な情報を発信していきたい所存です。

補遺。ネット上では三多摩の消滅後、多摩地区を東西に分けた多摩東・多摩西と呼ばれることもある、とありますが、拙は寡聞にて知りません。よって此の呼称については割愛させて頂きました。

                          

コメント

タイトルとURLをコピーしました