JAZZ、その敷居を跨ぐには・・・

鍵盤音楽

 Jazzを楽しめるようになりたい、という方のための入門作法についてお話してみよう。日本の音楽シーンに於いて、Jazzを「知りたい」のに「良く分からない」という層は決して少なくない、というムードが常に漂っているという感覚があるからだ。その作法は全く拙の個人的な体験から得たものだが、「知りたくとも得ず」という「感覚」は正(まさ)しく拙自身だから、Jazz開拓層への一助となるのでは、と勝手に都合良く解釈してのことである。

 Jazzとは「違う」音楽である。ロックとは違う、歌謡曲とは違う、演歌とは違う、シャンソンとは違う、クラシックとは違う、何々とは ・・・・・・・・・・・・。だから理解するには、高い敷居を跨ぐかの如きセレモニーを要する。その儀式とはどんな契機なんだろう。しかも「理解」仕切った、という安堵感が中々得られない、というのもJazzの特色だ。

そもそも何でJazzはかくも「違う」のか。リズムなのか和音なのか形式なのか音色なのか音階なのかノリなのかグルーヴなのか・・・・・・・・Jazz入門のツールは沢山ある。しかし幾らそれらを学び知り得ても、鑑賞の手がかりには中々繋がらない。今あげた要素は確かにJazzが他の音楽との差異を示す根拠になっているのは十分認められるのだが、それはJazz「奏者」にとっての「入門」であって「鑑賞者」へのそれではない。知識の蓄積は演奏力への向上には有効でも、鑑賞力に適用するものとは限らないのだ。

「じゃあ何か吹くなり叩くなり弾くなり歌うなりすればいいじゃん」。鑑賞者の前に奏者になってみよう、という方法論か。なるほど、それも有り、である。が、演奏の技術面もさながら、演奏のロジックは相当に高度なもの、それこそ、「ロジック」の入門をこなさねばならない。じゃあ、演奏行為のうち、さほど「ロジック」を要さない楽器とは?「歌うだけならば楽器なんか弾けなくても出来るじゃん」。いいえ出来ません、これはキッパリ言っときます。日本にはブルーズは無いしブルーノートも無いんだよ(否、本当は蟻。後日取上げよう)。え、思いついた?「ん、叩くって誰でも出来るかなって・・・」。然り!まずは叩こう。何に合わせて?取りあえずドラムで良いんじゃないか。「ええっ、そんなJazz独特のカックンかっくんした、えーと何て言うんだっけ、ふぉ、フォー・・・。」「フォービート?」「そ、それ。そんなの合わせる自信無いよ。」左様、それが我々ニホン人にとって感じるJazzならではの「高い」敷居の正体だ。かまわない、貴方の「叩き」が全然Jazzじゃなくとも(申し訳ない、でも多分そう、ゴメンね)、叩きで演奏に参加は出来る、参加さえすれば出来なくとも良いのだ。まずは(ライブならば)奏者に合わせ、レコードやipodの音源に合わせ叩いて叩いて叩きまくろう。「どうやって?」どうやったって良いよ。机叩いたって、箸で茶碗を叩いたって。隣の席の客や同席者の肩を叩いたって、手拍子だって・・・、ん、それは早いね。「何時まで?」さあね、そりゃ人それぞれです、でも少なくとも楽しくなるまで、キモチ良くなるまで。気持ちじゃ無いよ、キモチ、ね。「え、それってなんか・・・」うん何かイカガワシいよね。そう。この「いかがわしさ」もJazzたる敷居の一つ。おクラシックには無い、Jazz特有の音楽表現そのもの。だって本当は人間、いかがわしい事大好きだよな。それを音楽に託すことで公序良俗を守るのよ。そう、Jazzだけじゃなく、音楽は本質的に「ワイザツ」なもののはずです。それを「叩く」ことで大胆に実現してくれる音楽、ね、何となくステキに思えてきたでしょ。「叩き」が他の奏法である「吹く・擦る・弾(はじ)く・弾(ひ)く」をリードする、それがJazzです。まず「キモチ良くなる」まで叩きまくろう!それでも得られにくい「安堵感」。いいじゃないですか、それもJazzの要素なのかな、と、当面は割り切れば。まずはGo to Act!

追記1) クラシックに「イカガワシさ」が無い、は大嘘もいいとこ。実はクラほどイカガワシい音楽は他に無いと言っても良い位。これもそのうち言及します。

追記2) 2018年公開邦画「坂道のアポロン」で、主人公の高坊二人が授業中に机を指と箸で叩いてセッションするシーンがあります。ご参照おススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました