「落ち着き払い作戦」か。見習おう。

首都圏交通事情

 こんにちは、多摩雑報です。間髪入れずガンガン行きまっせ。

 たまには数字で見よう「都構想」をupしたのが10月13日09:30pm位。それと時をほぼ同じくして村山祥栄(註)の京都チャンネルが「大阪維新の会若きエース横山ひでゆき府議語る」という動画をあげており、先ほど見たところである。が ・・・ ふたりとも、就中”横山府議”は中々に論客である。感心した。まず反対派への罵倒を一切していない。これだけで好感が持てるし、さぞかし侮れない賛成論拠を展開してくれるやもしれぬとの期待に胸膨らむではないか。淡々とした対話の運びで村山氏が「横浜市は大阪市よりも大きいけど、横浜市も「都構想」をやれ、という事でっか?」と切り出したのには、ん、何やさっきupしたばかりの記事見て急に対応したんか?と、ちょいサプライズ!よっしゃどんな論を展開してくれんやろ、と耳を傾けたら横山氏「人口だけでは単純に比較できません。大阪は様々な権限が集中しているんです。」と、腑抜けなコメント(府抜けか?)。あのぅ財政難とは言え、横浜市だって神奈川県の一大拠点都市なのですが。

 結論。得るところは何もナシ。が、ご両人の落ち着いた風格はおおいに学ぶべきと思う。こっちも落ち着いて聴取する姿勢になるから。blogは文章だから口頭よりは平静を保てる。が、アンチコメに対しては何かヤリ返したれ、系の苛立ちは湧き起こる。そこを修行せなアカンわな。もうごちゃごちゃ言いません。今日の収穫です。

 大阪市の「二重行政」と「府市合わせ」の原因は制度ではなく、大阪市固有のローカル問題である。*他の政令都市では有権者も政治家も問題にしたことは有りません。故に ~ ここからが大事 ~ 大阪市を廃止するための言い訳として「二重行政」をプロパガンダとしている。

今日は以上!

註) 色々な能書きが書かれていますが、要は政治家浪人の様子です。杉浦大蔵みたいな方なんでしょうか。どーも良く分かりましぇん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました