「ネット工作員」の素性

マスコミ論

 こんにちは、多摩雑報です。当blog記事には珍しく、そのものズバリで拙なりの見解を述べたいと思います。

 最初に ・・・ 都構想ネタを遮る悲しい知らせがありました。しかも当サイトには縁(ゆかり)深き、多摩地区の関連事です。レディースロックバンド・赤い公園の🎸である津野米咲(つのまいさ)さんが急逝された、と。多摩地区はミュージシャンというと、何故か八王子出身が多い。これは松任谷由実さんが魁(さきがけ)なんでしょうけど、ファンキーモンキーベイビー、そして近年はショックザホルモン。そんな中で「赤い公園」は立川を拠点として台頭、八王子以外の多摩地区から誕生した、久々の大型ミュージシャンたちでした。彼女達を知らなくても、SMAPのシングル「JOY」はご存じの方は多いでしょう。この曲の提供者が津野米咲さんです。まだ29歳という若さを思うと、とても胸が痛みます。本当に才能に溢れた方でした。折りに触れ、そのうち「赤い公園」についても取上げましょう。では本題。

 以前のエントリーで京王電鉄とヤフコメとの関係をお話しした。ヤフコメに極めて近い体質が”5ちゃんねる”だ。これについてチョイ触れたい。論旨の都合で、以降は旧名である”2ちゃんねる”と呼ぶ、何とぞご了承あれ。で、2ちゃんねると言えば名物は「アラシ」&「工作員」だ。拙がここで言うところの、ヤフコメとの共通点である。京王電鉄の情報収集のために”2ちゃんねる”の京王電鉄スレッドをチラチラ覗くことがある。相変わらずヒドい、「ア」&「エ」が。今年6月にはSNSに端を発する自殺者が出たことから、ネットの炎上については活発な議論がなされてきたというのに、この無法状態ぶりは一体何なのだ。削除依頼は間違いなく沢山出されているはずである。だから直接的原因は現サイト運営者の無責任な姿勢にあるわけだが、これもヤフコメ同様。他方でyahoo japan はブラウザ記事に「ネット炎上」の見識者記事をドンドンup。オールドメディアと全く一緒である。野放しの理由・削除しない(できないとウソ吹く)理由、幾らでもモットモらしいことは言えよう。それ自体が卑劣卑法卑屈 & 愚劣愚行愚悪なのだが、究極的には「フリー掲示板」も「情報ブラウザ」も誰のためのものなのか、という事に帰着する。→ もう分かるよね。

 *一つ角煮。アラシと工作員の違いを拙なりに定義づける。「アラシ」は個人。あくまで非常識&卑屈&(これが本質だが)要はちょーヒマ人。「工作員」はD社とかR社とかの誰ぞやから小遣い銭貰ってるヤツら。どっちがより悪質かは言うまでも無し。だがどっちも少々大仰ではあるが、正しい意味での反社会的存在であることに違いは無い。メンドいから合わせて「ア・エ族」として括る。

「あ ~ あ、本当にワンパターンだね、このblog。だから閑古鳥が鳴いてるんじゃん。」ごもっとも。だが安心されたし。今日はそのコトバを使いたいんじゃない。「アラシ」&「工作員」への消極的対策について、だけをお伝えしたいのだ。イパ ~ ン的には「無視ムシ虫、ひたすら虫むし無視 ・・・」が大人の対応とかを諭される。更にその延長で「相手にするのも同じレベル」とか言われてしまう訳だが、もうそれでは済まないレベルになってるだろ、アラシや炎上コメ。犠牲者は木村花さんだけではないだろう。否、それどころか、今この瞬間、ヒドい罵詈罵倒で多くの人が傷ついているはずだ。無視がイッチャン「ア・エ族」に利くのは確かだ。が、ヤツらも生活かかっているから、そう簡単には引き下がらぬ。まぁ、「ア族」の方は単なるカマッテちゃんなので、すぐに引き下がるが、彼等はカマッテくれるサンに出会えるまでジプシーするからヤパ ~ リある程度はヒツッコいね。

 この対処法、実は会社勤め人時代に何となく身についたものである。部下をイビるパワハラ上司の対処法のテクニックの一つなのだ。どうするか。簡単。兎に角やたら滅ったらパワハラ上司を褒めて褒めてヨイショしてヨイショして持ち上げ続けるのだ。これは一目置かれんとするための「ゴマ擦り」と一見同じように見える。が、意図している事はケテ ~ 的に違う。「パワハラ上司」、コイツが何で上司たる上役の地位を手に入れたかというに、正しく「ゴマ擦り」でのし上がったからだ。だから自分に対してのヨイショがゴマ擦りか否なのかは、流石にすぐバレる。が、人間ホメラレて悪い気持ちになることは無い。だから持ち上げられているうちに自分の仕事に対する判断や行動は正しいのだと自惚れるようになるのだ。で、間もなくここ一番という時に最大限の修辞でもって絶賛してあげれば良い。この段階に至れば、もはや自分は何でも出来るという万能感に浸って、思わぬ失敗をしでかす。無能社員の拙、この手法で以てイビる上司を2 ~ 3人は自ら遠ざかってもらったものである。お陰で周囲の職場仲間からも賞賛され、その功績で出世したこともあったくらいだ😀。

 アラシも工作員も分かりやすいヤツらではないか。まず文体。あの口調はルサンチマンのコトバによる具象化以外の何ものでもないだろう。本当はコンプレックスのカタマリなのだ。カタマリが高まりになって或る者はヒマ人に陥り、或る者は工作員スカウトのオファーを受ける。つまり自分も本来ならば、炎上コメをフィードバックされる側でもあるのだ。がSNS時代、頑張れば頑張った分だけカマッテ時間をもらえるし、お小遣いも貰える。だからヤツらなりに頑張ってるやつらには一見カマッテ時間をあげるのよ。

「え、具体的に何を書くんだ」って?はい、都構想動画を例に、ご説明申し上げます。ご覧の通り都構想のSNSには沢山のコメがつく。当然けっこうな数のあらしコメや炎上コメも投稿されている。そいつらにスリスリ同調しつつ、徹底的にオチョクリのレスを付けてやるのだ。コヤツらのコメレス付ける規準は至ってシンプル。揚げ足取りだ ~ それやる事自体が卑法卑怯卑屈の極みなのだが ~ だから揚げ足レスを思いっきり同調&褒めちぎればよろしい。無論すぐに茶化されているのは気付くが、褒められている以上レスポンスは確実に遅れる。何しろ連中、揚げ足こそ虫眼鏡で見るように探すくせして、コメント全体をちゃんと読むことがないからね。比較的慣れたコメ主は其れをわきまえ、わざと長文を送ったりする。まぁこれも悪い作戦ではないね。ヤツらは「長文たるい」くらいの言い返ししか出来んから。

「こんな程度の対処で炎上防げるの?」「効果あるの?」と落胆されたであろうか。するかもね、お気持ちご察しいたします。拙もROM専のままだったら同様だったろうから。だが、こうしてblogで発信元になってみると、思いもよらぬくらい引き下がる事を知りました。少なくとも報酬目当てではない真性カカマッテちゃんたちは諦め早いよ。そして工作員もシツコクはあっても、レスなりコメなりのスピードは確実に落ちます。否、スピードが落ちるということはギャラの効率も悪くなるので、案外見切りつけるのも早いです。多分ギャラ元たるボスから、それこそ「カマッテちゃんを相手にするな」と指示がなされるのだろう。拙の場合、結局スルーを決め込む、っていう作戦に出たツモリのフェイドアウト撤退の例が、既に幾つか現れだしております。そうだよね、フリーランス医師KSGさん?

 2ちゃんねるは”ひろゆき”なる青年が始めたことになっている。当初はそうだったかもしれないが、あれだけの罵詈雑言が飛び交う掲示板を無法状態にしておいたままなのは、もはや彼一人の裁量ではあり得ない。大袈裟に思えるだろうが、あの掲示板は国策レベルであると見做してしかるべきだ。今ではひろゆき氏、何故か高見の見物席の絶対安全ポジュションから、好き勝手放題のコメンテイターとして君臨している。その体質と2ちゃんねる現場の無法状態は明らかにフラクタルを形成している。もう「自分(=ひろゆき氏)は無関係」ではあり得ない。ありゃ、これって拙のひろゆき氏に対するルサンチマンじゃん、って?断じて違います。彼のyoutube に於ける「大阪都構想?僕は大賛成ですよ」を見つけたからですよん。幾つかのコメはチョイ茶化させていただきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました