NET工作員認定例

マスコミ論

 こんにちは、多摩雑報です。本日は youtube を見ていて、「これは工作員活動だよな、誰が見ても」と思える格好の現象に遭遇したので、皆さんにご披露したいと存じます。先に対象とする動画チャンネルとコンテンツをご紹介しておきましょう。チャンネルは「悪の秘密ぼっち『ヘライザー総統』と言う名のファンタジー」、コンテンツ名は4月8日 up 「マリエ告発」です。チャンネル登録者数は9.69万人。まずまずの人気サイトと呼んで良いでしょう。内容は、芸能人のスキャンダルねた弄りと youtuber ウォッチが多いようです。

 拙は同チャンネルをチャンネル登録している。つまり「好き」で「良く見ている」から、それなりの「投稿」もしている。が、今回は公正を遵守すべく私見は一切入れないで述べる。事実関係だけで何処まで判断し得るか、を皆さんと共に考えたいからだ。だからコンテンツの内容についても100%触れない。さて当然のことだが youtube のイイね評価数とBAD評価数は、動画主の人気で殆ど決定する。チャンネル登録者数が多い=動画主に共感、という訳であるから、通常は ~ これも何を以て「通常」とするか、という揶揄が必ず入れられてしまうものだ。無視ムシ ~

イイね数 > BAD数

となる。当たり前だよね。そしてコメント欄の投稿コメも、動画主が想うところの賛同を表明したり内容を加勢したりするものが大半を占める。まぁ、これも当然だよな。が、今回のコンテンツである、

【マリエ告発】出川哲朗・島田紳助・ヘキサゴンファミリーの闇を暴露!芸能界の闇・インスタライブ【モデル・芸能人】

は、up後から約20時間を経過した現在、900余件のコメが投稿されているのだが、その大半は動画主のup意向とは明らかに反するものが大半である。早く言えば所謂アンチコメだ。毀誉褒貶は当チャンネルが提供するコンテンツのお家芸とも言うべき反応なのは確かだが、それでもアンチが肯定系を上回ることは滅多にない。あったとしても僅差か、どっちとでも取れる投稿の存在を考慮すれば、一つも無いと断定して良いだろう。よって殆ど全コンテンツを見ている拙としては、明らかにイレギュラーなリアクションであると想わざるを得ない。が、何気に評価ボタンに眼を向ければ、

イイね 4700 BAD 358 

と、ちゃんとイパ ~ ン的傾向を保っている。とすると ・・・ 

アンチコメ投稿者 = (島田紳助側の) ネット工作員

という結論にならざるを得ない。て事は、「マリエの告発」内容は事実であった、という事である。

 まぁ、これで言いたいことを終えても良いだろう。これだけでも十分、ネット工作員を見破る契機となった訳だから。が、肝心なのは別のところにある。つまり、ネット工作員動員をする、というのは、それだけ痛いところを突かれているのを自らゲロっている、ということだ。問わず語りです、焦っている訳ですね。京王ネタ動画にも、京王の批判点をコメ投稿すると、よせば良いのに反論レスを執拗に付けて来る者が跡を絶たない。明らかに関係者筋の工作員だ。それも今後ネタにして見せましょう。ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました