首都圏交通事情

首都圏交通事情

JUST2年後、2023年3月31日まで

道路と鉄道の立体化事業主体は、一方的に自治体が所有するのは、開かずの踏切の沿線住民にとって感覚的にピンと来ない。財源が自治体だから、というのであれば、出資の比率=主体度、という考え方があっても良くはないか。
マスコミ論

美酒爛漫、大阪市存続のこれから ・・・

反対派勝利の要因分析がなされるであろう。が、この勝利が大阪市はもとより、これからの日本に及ぼすプラスの影響は計り知れない。東京都民以下、全日本納税国民は、大阪市民に敬礼!
首都圏交通事情

「大阪市廃止案」反対の人へ

迫り来る「大阪都構想」の住民投票の賛否を決めかねている有権者の皆さん、「橋下徹の逆質問『外国資本だったら何が問題だとおもいますか』」なる維新の会発信の動画を是非ご視聴下さい。やりたい政策が述べられており、賛否の参考になります。
首都圏交通事情

今の動画、Play back,play back!

都構想賛成派に「大阪市の社会インフラをバンバン外国企業に売却する」と言うとウソ・デマ呼わばりされる。が、党首時代の橋下徹自身がハッキリ大阪市民の面前で公言&明言しています。
首都圏交通事情

「都構想」賛否者に共通点あり(2)

税金の説明で、「大阪市と大阪府を敵対構造で見る思い込みをやめなさい」つって、「二重行政」って言われたら「敵対してる」って思うの当たり前じゃん。何祐天寺中目黒。
首都圏交通事情

「都構想」賛否者に共通点あり

在日外国人の自治体職員受入れには何も問題がない、と言い切る人たちに、都構想が支持されている。その賛否は当事者ではない東日本住民である我々は問わない。が、横浜や東京は堅くお断りいたす。嫁さん議員の地盤にカジノ作る目論みは断固阻止いたします。
首都圏交通事情

「落ち着き払い作戦」か。見習おう。

維新にはやりたいことがある。それが自発的なのか負わされている「役目」なのかは不明。だが本当にやりたい事を明かしたくないのである。だから「二重行政」を表向き・タテマエの理由にして押し通す。大阪市より大きい横浜市の市民。二重行政というコトバさえ思いつかぬ。
首都圏交通事情

変節宣言その後その(2)

大阪維新の会、若い党員や下っ端党員、下級党員は大阪都構想、実は嫌がってるフシがある。橋下徹や竹中平蔵の口車に魅せられて入党したものの、いざ市民の資産であるインフラ叩き売りを命じられれば、後悔しているのかも。
首都圏交通事情

変節宣言その後その(1)

維新および維新の唱える大阪都構想が、IRカジノ・スーパーシティ・水道民営化等、外資譲渡策であることを意図的に知らされずに踊らされている・
首都圏交通事情

都構想、追補

 こんにちは。オールドメディアは相変わらずのだんまりなるも、ネット上では「大阪都構想」について主謀者(本当は違う、ただのチ○ピラ→後述)である大阪維新の会関係者がコメなり youtube なりでけっこうな量の喧伝を始めている。それらを眺め...
タイトルとURLをコピーしました