マスコミ論

マスコミ論

比べてみました「天国の階段」と「Taurus」

レッドツェッペリンの代表曲「天国への階段」は、スピリットの「Taurus」の盗作ではない。この訴訟は原告側の音楽アカデミズム不足による稚拙な訴えである。ただし5線上の知識がなければ、この問題を見据えることは出来ない。
マスコミ論

美酒爛漫、大阪市存続のこれから ・・・

反対派勝利の要因分析がなされるであろう。が、この勝利が大阪市はもとより、これからの日本に及ぼすプラスの影響は計り知れない。東京都民以下、全日本納税国民は、大阪市民に敬礼!
マスコミ論

村上春樹は「グローバリズム文学」である

村上春樹の、出版社の「ノーベル賞候補」っていう惹句があまりに胡散臭い。しかも出版界を挙げてのゴリ押し商法に陥っている。検索を掛けると「候補」の理由ではなく、「取れない」理由が泣き言とありもしない状態のホラで張り巡らされている。
マスコミ論

「大阪市廃止案」賛成の方へ

賛否決めかねている皆さん。実は皆さんが一番正しいのです。維新の勢力拡大策である「大阪市廃止案」を維新の口車に乗るのも、共産党の「何でもハンタイすれば良い」、どっちもイヤですよね。だから賛否者ではなく、維新の本当の目論みを暴露します。
マスコミ論

「都構想」賛否者に共通点あり(3)

ここに来て都構想、賛成派よりも反対派のほうが間違いなく勢いがある。~ 優位ということとは別に ~ 賛成派のゆとりの面もあるだろうが、それよりも明らかに勉強してきている。一ヶ月前よりも明確は反対理由のupを眼にすることが多いからだ。
マスコミ論

「ネット工作員」の素性

SNS上の炎上・工作員コメが犠牲者を出しても一向に鎮火する気配がないのは、それを由とする存在があるから、と存じる。投稿者たちは過度のルサンチマンに精神を支配され、加害者になることによって自身も犠牲者であることに気付かぬ罠に陥っている。
マスコミ論

言論の自由を考え直そう

自由に発言の場を与えられ堂々と自説を喧伝して貰いつつ、一切批判意見の回答を受け付けないでいられる人がいる。他方、一言の失言によって議員を失職にまで追い込まれようという人もいる。この相違は何に由来するのか、まずは疑問に思うことから始めよう。
マスコミ論

緊急投稿 ~ 囮(おとり)報道に躊躇すること勿れ

7月中旬くらいからメディアの新旧を問わず、様々な報道ネタを目まぐるしく吐き出し続ける毎日が続いている。須く大阪都構想実現に向けての進行状態を、府民以外に気付かれぬようにするためである。
マスコミ論

アナタハ紙ヲ信ジマスカ?

情報の量・密・質とともに高いサイトが高いアクセス数を誇る。実は組織的に運営している可能性が高い。
マスコミ論

すずちゃん、お大事に!

櫻井翔くんと出演した映画「ラプラスの魔女」には武漢肺炎の予告とも取られ兼ねないシーンがある。ほんの一瞬とはいえ、余りに明白な文字の一致には驚かされる。
タイトルとURLをコピーしました