2020-11

首都圏交通事情(と言っても主に多摩地区)

街中の突然異変

自販機用の空き缶入れに、アイスドリンクのカップを、その入り口を塞ぐようにして廃棄していく現象が、ここ1~2年で激増している。大半がスターバックスのものである。企業コンプライアンスにかけ、自己調査されんことを。
首都圏交通事情(と言っても主に多摩地区)

寸評・「沿線住民は眠れない ー京王線高架計画を地下化に」

住民達に非があるわけではない。都市計画のあり方が問題の根源であることも分かる。が、ゴネている、というのも事実だし、弁護士も原告側に都合の悪い事は知らんぷり。自治とは何かを考えるべき時に来ていると思います。
首都圏交通事情(と言っても主に多摩地区)

近況報告

訴訟に当たっている住民側弁護士による書籍です。さすが弁護士さん、文章が非常に読みやすく分かりやすい。が、彼等の反対によって、都市計画は明らかな停滞を起こしています。単なる批判ではなく、精読しての内容紹介に務めたい。
未分類

お知らせ(2) ~ 新設blogについて ~

新ブログ名は、江戸楽府老中"Clavi-Seli”の「レガートダイアリー」です。URLはもらえないので、https://ameblo.jp/8940seri/で掛けて見て下さい。
未分類

お知らせでございます。

多摩地区・鉄道と、音楽の同居はご閲寄りの趣向差がおっきいかな、という感触を得ました。よって音楽ネタは「江戸楽府老中"claviーSeli”のレガートダイアリー」という別ブログで新スタートいたします。
鍵盤音楽

ピアニストがバラける、超常現象の解明

中学校ではクラス対抗で合唱コンクールやりますね。各クラスには、そこそこのレベルに達したピアノ学習者が上手いことバラケてますが、あれはヤラセです。偶然ではありえません。
マスコミ論

NHK追悼モノ「筒美京平からの贈りもの ~」にモノ申す

特定の分野での偉大な人の追悼番組は、ロクなモノが出来ない。視聴率が前提にあるため、最大公約数的データやアーカイヴしか使用出来ないからだ。むしろ本当の偉大さが伝わらなくなってしまう。もう止めた方が良い。他のメディアに任せるべし。
鍵盤音楽

音楽用語のウソ知識(3) ~ 早期教育の根拠 ~

ピアニストの試練。それは弾けるようになるための練習ではなく、膨大な暗譜にある。しかも確実に賞味期限がある。これを逃すとソロピアニストとしてのレパートリーを習得出来なくなりかねない。
マスコミ論

比べてみました「天国の階段」と「Taurus」

レッドツェッペリンの代表曲「天国への階段」は、スピリットの「Taurus」の盗作ではない。この訴訟は原告側の音楽アカデミズム不足による稚拙な訴えである。ただし5線上の知識がなければ、この問題を見据えることは出来ない。
鍵盤音楽

Scherzo(スケルツォ)というジャンル

ブラームス。それは男の音楽である。ロマン派に属するから基本眠い。加えて難解。だから彼の情熱性を表現した作品のみを鑑賞すれば良い。女性に分かってたまるか、これは差別では無い。「オトコには分かんないわよ」そういう音楽もあるでしょ?
タイトルとURLをコピーしました