2021-01

首都圏交通事情(と言っても主に多摩地区)

京王散策(7) あれもウソ、これもウソ

京王線調布駅は、相模原線という支線の分岐駅である。が、折返し設備が無い。無いから線内運転が出来ない。その為の方策も持たない。起点ターミナルから全列車通し運転、または4駅先の渡り線を持つ駅まで回送運転という能ナシの運用である。
未分類

京王散策(6)なに、電車が逆走だって?

老人運転の逆走クルマが問題になったが、京王線は電車の逆走運転を連日何本も運行している。しかも本線からの折り返しである。当然ダイヤは安定しない。
首都圏交通事情(と言っても主に多摩地区)

京王散策(5) え、何故つつじヶ丘に急行が?

車両改造の費用をケチるため、という非常にバカげた理由でつつじヶ丘を急行停車駅に昇格してしまった。結果、つつじヶ丘利用客は、他駅の利用者から「優遇されすぎ」という妬みを受けることになる。
首都圏交通事情(と言っても主に多摩地区)

京王散策(4) 新線の優等停車駅問題

京王新線に初台と幡ヶ谷駅を設置したので、従来線(本線)は両駅を廃止した。結果、新線の快速(と後には急行も)は両駅に停車し、本線の各停は両駅を通過する。おかしな停車駅設定である。その理由が噴飯ものの最たるもの。
首都圏交通事情(と言っても主に多摩地区)

京王散策(3) 聖蹟桜ヶ丘に特急を停める理由(イイワケ)

聖蹟桜ヶ丘駅が特急停車駅なのは、自社開発した分譲住宅を買ってくれた人に対する、忖度停車である。なのに絶対に事実を言わない。「一自治体につき一駅とする。」というウソを平然とつく。
未分類

謹賀新年、今さらながら

今年もしばらくは多摩地区を走る民鉄の一つ、京王電鉄の問題点についてネチネチといやらしく責めてまいります。
タイトルとURLをコピーしました